FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶川探検隊(仮)メンバーについて

2016.04.26.00:06

こんばんは、茶川です。

今回の記事は、茶川探検隊(仮)について記載します。
本来、この記事は雑記に分類するべき内容ですが、探検隊(仮)の活動内容にも関わるため、
敢えてライドルールのカテゴリに組み込む事としました。

今までは1度でも探検隊(仮)ライドに参加した人は、茶川探検隊(仮)のメンバーという話をしていましたが、
思う所が多々あるため、明確な区分けをする事としました。


【茶川探検隊(仮)のメンバー基準】
・2016年に茶川主催のライドに参加経験のある方
以前の参加者は安全意識の低い方が多かったため、仕切り直しがてら切り捨てとします。
但し、現メンバー達が安全に走れる方と判断している場合については、この限りではない。

誰が安全に走れると判断しているかは、敢えて回答しないものとします。


・茶川探検隊(仮)のライドルールを理解しており、他のライドでも同等のルールで活動をされている方
本来であれば、各参加者が個人にて行うライドにまで首を突っ込みたくはありませんでしたが、
過去の探検隊(仮)ライド参加者が起こした危険な行動に対し、茶川探検隊(仮)の活動と一括りにされた事もあり、
旧ブログ及びDM等で、茶川に苦言を申し出た方が若干名おりました。
(該当のコメントは削除しています)

正直、無関係な所で他人の尻拭いまでしたくないという不快な気持ちになった事と、
明確な基準を用意していなかったため、要らぬ気苦労をした経験をしました。

その為、探検隊(仮)の活動を自衛する意味を込め、メンバーに関する基準を厳しくする事としました。


・いかなる場合に於いても、探検隊(仮)メンバー及び他の参加者へ迷惑を掛けない活動を行える方
こちらはライド時の行動だけでなく、ブログ・SNS等での活動も含みます。
「面白そうでしょ?」というスタンスで画像等をUPし、実は問題が発生していたライドだったというオチは論外です。

情報の発信者として、ある程度のリスクヘッジは必要です。


・チームジャージについて
現在、チームジャージについては作成を検討している段階ですが、夏頃の完成を目指しています。
探検隊(仮)のチームジャージについては、自転車仲間として信頼出来る方のみの配布とする予定です。


・探検隊(仮)ライドの参加メンバーについて
探検隊(仮)のライド活動は、走行距離・速度・高度は重視しておらず、安全かつ楽しいライドを行うのをモットーとしています。
企画内容により、ライドのレベルに差は出てしまう事もありますが、趣旨・ライドルールを理解していただければ、初参加の方でも歓迎いたします。

但し、知り合いを作る為に参加を希望する嫌な野心を持つ方には来て欲しくはありません。
茶川探検隊(仮)は、楽しくライドを行える仲間を求めており、知り合いを作る場ではありません!

様々な方のライドに参加し、大勢のローディと交流を取る事については、全く問題はありませんが、
探検隊(仮)ライドで顔見知りを増やしてから、仲間をかっぱらってくような人不要です。
(分かり易く記載すると、以降の探検隊(仮)ライドには参加せず、特定のメンバーとのみ交流を取るような方)


・茶川探検隊(仮)メンバーについて
現在、茶川探検隊(仮)のメンバーを明記していませんが、追々、明記する予定です。


以上


ブログ村のランキングに参加しています。
ブログ内容が興味ある記事だった場合、押してくれるとありがたいです。


にほんブログ村
スポンサーサイト

救急キットについて

2016.01.13.22:23

こんばんは、茶川です。

今回は応急救護の知識向上と、所持品についての告知となります。

ライド時に事故が発生した場合、怪我に対し適切な処置が必要となります。
下記のサイトにて救急対応のいろはを覚えておいてください。
(知識として有るか無いかの違いは、実践で大きな差を生みます!)
応急手当マニュアル

マッハで救急を呼ばないといけない状況であったとしても、救急車が来るまでの間に出来る治療もありますので、
どのようなアイテムが必要かを各自で判断し、救急キットとして所持する方向でお願いします。

【救急キットの一例】
・消毒液(水ボトルの代用可)
・バンドエイドや大きい傷パッド(傷口を塞げるもの)
・ガーゼや三角巾(バンダナとかでも可)
・テープやフィルム(巻き固定や保護を目的)
・止血帯代わり使えるビニール紐的なもの
・骨折時の補強道具(携帯ポンプでも可)

茶川探検隊(仮)ライドでは、救急キットの所持もライド参加へのルールとなっています。
救急キット無所持の方はライドへの参加を見合わせていただきますので、ご理解のほど宜しくお願い致します。

なお、救急キットの中身に対しては、各参加者に一任しますので、最低限の装備は常識の範囲内で整えておいてください。


ブログ村のランキングに参加しています。
ブログ内容が興味ある記事だった場合、押してくれるとありがたいです。


にほんブログ村

ライドルールVer160113

2016.01.13.21:42

こんばんは、茶川です。

現在、茶川探検隊(仮)では、当記事のライドルールを遵守される方のみ参加をしていただいております。

また、探検隊(仮)ライドの定義は下記となります。
・茶川が主催する全てライド
・当ブログにて代理告知をする、探検隊(仮)メンバーが主催したライド
・代理告知なしでメンバーが主催したライドにて、探検隊(仮)ルールで行うと明記・宣言した場合

探検隊(仮)ライドに興味のある方、参加を希望される方におきましては、当ライドルールをご一読願います。
※ライドルールについては、随時、加筆・修正を行うものとし、更新時より新ルールを適応とします。


【茶川探検隊(仮)ライドルールVer160113】
茶川探検隊(仮)ライドに参加する全ての方は、下記のルールを遵守してください。

■エマージェンシーカードの所持
http://www.d-mane.com/about/about_card.html
http://www.shimano-event.jp/11suzuka/pdf/card.pdf
上記サイトよりプリントアウトが可能なので、必要事項を記入し、必ず所持してください。
(必要事項さえ満たしていれば、ノートの切れ端でも構いません)


■身分証及び保険証の所持(コピーでも可)
安全に注視したライドを行っていても、何らかの理由で事故をしてしまったり、怪我を負う可能性があります。
救急対応等を行う事もありますので、エマージェンシーカードと共に必ず携帯してください。


■集団走行時の隊列について
・思わぬ追突事故等を防ぐため、トレインの間隔はホイール1~2個程度は離れておく
但し、前走者と安全への認識・技量についての相互理解が出来ている場合を除く。
(ホイール1~2個ならば、問題なくドラフティング効果を得られます)

・交通状況が芳しくない場合、トレインを分断し2~3名程度の小トレインに切り替える
一般的には4~5名でトレインを組む率が高いと思われますが、道幅が狭い道路や渋滞時だと車がパス出来ません。
安全確保の意味を含め、渋滞の元とならないよう、交通状況への配慮も行いましょう。

・視界や安全マージン確保の意味を含め、縦一線のトレインを組まず、車体半分程度は左右にズレておく
ライド仲間であっても、所詮は他人同士の集まりです。安全意識やマージンの取り方は人により違いがあるため、
前走者が的確な判断を行えない可能性もある事を前提とし、安全確保を最優先としてください。
(但し、横に膨れ過ぎて他者の交通の妨げにならないよう配慮する)

・併走禁止
明らかに交通量の少ないエリアでは、併走気味でまったりとお喋りして楽しむのを認めますが、
市街地や交通量の多いエリアでこのような行動を取られますと、他のドライバーに迷惑となります。
また、車に引っ掛けられて集団落車の危険性も孕んでいます。


■トレインの組み方について
トレインの先頭・中軸・殿の各ポジションは、非常に体力を消耗すると共に集中力も要するポジションです。
路面コンディションの確認・ルート確認・トレインの安全確認・交差点の左右確認・歩行者等の飛び出し確認・風除けetc…
様々な事を想定・注視し、トレインの安全確保に努めて進む必要があります。

キャリアの薄い方や、集団走行に慣れていない方は役割免除としますが、皆で役割分担を行い楽しいライドを実施しましょう。

・声出しについて
各自が声出しを行う事により、より安全なライドが可能となります。
ハンドサインが出せない方でも、声出しで仲間や周囲の人に状況を伝える事が出来ます。

ダウンヒルや咄嗟の判断を要求される局面では、ハンドサインを出す余裕はありません。
しかし、皆で声出しを行っていれば、そのような場合でも皆が安全を確保できます。
※茶川探検隊(仮)では、ハンドサインより声出しの方がプライオリティが高いです!


■保険加入について
保険証書を提示する必要はありませんが、万が一に備えて自転車保険への加入をしてください。
ブログやネットで繋がっている「ゆるい付き合い」ではありますが、ライド時は生身の人間としての付き合いとなります。
自損事故なら自己責任で済みますが、いつ被害者・加害者の関係になっても不思議ではありません。

ゆるい付き合いであっても、節度ある大人の対応として、最低限の備えをしておきましょう。


■物事をなぁなぁにしない
探検隊(仮)のメンバーは、性別問わず20代前半から50代中盤(?)ぐらいの集まりです。

世代で括るのもおかしいですが、常識というのは世代やれ当人の性格により大小の違いがあります。

分かりやすい例としては、二輪や普通免許の所持者と、免許未所持の人とは道交法の知識量に差がありますし、
各自の常識が一般的な常識と違っているという事も十分に考えられます。

「性格が良いヤツだから」とか「自分よりキャリアのある人」だからというのは抜きにして、
誰かが危険な行動を取っていたら、必ず注意するよう心掛けてください。

ライド終了時に帰りの会をやっていますので、注意点等があれば遠慮なく発言してください。
自分から言いづらい場合は、私やライド中のサブリーダーに相談してください。
明らかな問題行動だと判断した場合は、私やサブリーダーから当人へ注意を行います。


■サブリーダーについて
茶川が主催する探検隊(仮)ライドでは、参加人数により複数名にサブリーダーを勤めていただいています。
(非・主催時は主催者の判断に委ねる)

サブリーダーは茶川の裁量で決定していますが、基本的に下記の条件を満たしている方にお願いしています。
・キャリアや実績を度外視し、安全意識の高い方
・大人として隊をまとめられる方
・探検隊(仮)ライドへの参加率が高く、探検隊(仮)の活動方針を理解されている方

また、サブリーダーについては、下記の権限を持つ事とします。
・問題があった場合、茶川への報告
・トレインメンバーの体調を考慮した、指定ポイント外の休憩判断
・隊における問題事を精査し、的確な指示を下すこと
・問題行動を起こした参加者へ対し、即時脱退の指示

また、探検隊(仮)の古参メンバーである、suzukiさん・ちまちまさんの両名については、
いかなる場合であっても、サブリーダーと同等の権限を持つメンバーとなります。

こちらの項目については、堅苦しいと感じられる方が多いと思われますが、各チームの安全確保を優先としているため、
問題点があった場合、各サブリーダーの指示に従っていただきますようお願い致します。
(揉め事となった場合、茶川が対応します)


■仲間への目配り
どのようなライドでも、キャリアの差や得意エリアの違いにより、体力・脚力の消耗が多くなる人が出てきます。
道中で無理な走りをしてしまうと、体力や脚力を消耗してしまいますし、枯渇したら回復までかなりの時間を要します。

一番遅い仲間に合わせて走るのが集団ライドの鉄則ですが、消耗した人から見れば「申し訳ない気持ち」で胸がいっぱいとなってしまい、
本来、楽しい筈の集団ライドに恐怖を覚え、参加しづらい空気を作ってしまう可能性があります。

このような事態を避けるためにも、ライド中は仲間の動きにも注意し、体力・脚力を枯渇させないようにしましょう。
まだまだ余裕だと思っていても、一瞬で脚が売り切れるのがロードの怖さでもあります…


■グラベルエリア及び危険なエリアを走らない
グラベルエリア(土砂道)はロードバイクが走るに適さないエリアです。

初心者だった人も、複数回のライドを経験した事により、色々な場所に行く事が出来るようになったと思います。
それにより、己の実力を過信したり、危険予知をしない無茶なライドを実施してしまう可能性があります。

未舗装路は基本的に迂回しますが、数100m~1km程度の短い区間であれば走行する可能性もあります。
但し、上記のように短区間である事を前提とし、進行方向が舗装路となっている場合のみ適応。


■雪の凍結区間はヒルクライム、ダウンヒル共に全面禁止とする
そんな時期に峠へ行くなとしか言えませんが、一応、明文化しておきます。


■ダウンヒルの走り方について
交差点とダウンヒルが最も事故の可能性が高いエリアです。
コーナーへの侵入・立ち上がりの安全を確保出来ず、危険を感じるようであれば、ダウンヒル用のトレインを組みます。
ダウンヒルの得意な人を先頭に配置し、ペースメーカーとして安全な速度で下って行きます。

その際、ハンドサインを出す余裕が無い事も考えられますので、トレインメンバーは必ず声出しを行ってください。


■道交法を守る
路上を走るにおいて、絶対に守らなければいけない事です。

自転車は免許制ではありませんが、原チャリレベルの道交法ぐらいは理解していて欲しいです。
「周りがやっているから問題無い」のではなく、「自分は交通違反をしない」という心構えで居てください。


■サイクリングを楽しむ気持ち
運動強度の高いライドでも、まったりポタリングでも、コレがなけりゃ自転車乗ってる意味がない!


■休憩ポイント及び休憩時間について
茶川探検隊(仮)のルーツは、「まったり流して、自転車仲間とダベろう」という所から来ています。
そのため、一般的なライド企画より休憩回数が多く、また、休憩時間も長めに取っています。

ローディ的には「休憩多過ぎ&長過ぎて脚が回らなくなっちまう!」という意見もあるかと思われますが、
茶川探検隊(仮)は走り6・ダベり4ぐらいの感覚でライドを行っていますので、認識違いを行わないようにしてください。
※但し、ガチライドと明記している企画に関しては、別ルールとなります。


繰り返しますが、茶川探検隊(仮)ライドでは、ライドルールを随時、加筆・修正していきます。
何かしら変更があった場合、都度、告知を出す事にしますので、ライド参加時には必ず確認をしてください。
良案があれば随時受け付けますので、お気軽にご提案していただければ幸いです。


最後に
茶川探検隊(仮)のメンバーは、「事故なし・怪我なし」をモットーに、ロードバイクで遊ぶ大人の集まりです。
交通状況的に安全だと思われる区間では、高速巡航やスプリントも行うといった遊びの部分もありますが、
スリルを楽しむ為の集まりではないという事を、ご理解をしてくださるようお願い致します。

ブログ村のランキングに参加しています。
ブログ内容が興味ある記事だった場合、押してくれるとありがたいです。


にほんブログ村
カウンター
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

茶川P

Author:茶川P
三鷹付近を颯爽()と流しているメタボローディです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。